野永 喜三夫

日本橋ゆかり

老舗日本料理店「日本橋ゆかり」の長男として生まれる。「露庵 菊乃井」の村田吉弘氏のもとで修業を重ねた後、25歳で「日本橋ゆかり」へ戻り、三代目主人として腕を振るう。

2002年、「料理の鉄人JAPAN CUP 2002」で総合優勝を果たし、その名は一躍知名度は全国区に。その腕前と感性は海外からも注目され、アメリカの老舗日刊新聞紙にて日本の料理人として選出された。

2015年7月、ミラノ国際博覧会において、日本料理の腕前を披露。テレビや雑誌等のメディアへの出演や、世界に和食の魅力を広めるための取り組みなど、幅広い分野で活躍している。

より多くの方に、
今の日本料理の真髄を...

愛用の道具たち

フライパン

ナイフ

調理器具

調味料

その他

フライパンで和食 野永喜三夫